寝具の盲点

 現代のベッドは

不特定多数の全身姿勢を

快適に保持するため

高反発、低反発、体圧分散など

新しい技術が使われています

​そして、

頭が低くければ枕で

寒すぎれば毛布や布団で

自分に合わせて調整します

全身を保持するベッドと

​不快を調整するツール

それが寝具のシステムです

でも未解決のテーマがあります

それは反発力不足への対処

ベッドの一部の反発力が

弱すぎる、強くしたい

以前からある

シンプルな課題

なぜまだ未解決なのしょう?

 

寝具のサイトによくある

体圧測定の画像

どれも、腰椎とお尻とでは

色が大きく変わっています

体圧は腰椎ではわずかなのに

お尻には体重の44%が集中

大きな段差になっています

 

ユーザーは身長や体重、体格

人それぞれ

体圧段差もそれぞれです

適性な寝姿勢には

それぞれの体圧段差に

反発力を合わせる必要があります

私たちはその機能をベッドに求めがち

でもベッドは不特定多数の

全身姿勢を保持する家具

反発力の調整は

本来の役割ではありません

 

​それでも体圧の違いに合わせようと

背中や腰に当たる反発力を

あらかじめ強化したベッドや

異なる反発力のマットを

組み合わせたものもあります

しかし、そうしたベッドでも

反発力の境界は一定で

​自由に変えられる

わけではありません

 

さらにベッドの弾性体は

後から反発強化できる

物性ではありません

スプリングやウレタンフォーム等

ベッドやクッションの弾性体は

その反発力で身体を支えますが

反発力が劣化することはあっても

強くできる性質ではないのです

人それぞれの体圧段差に

反発力を合わせることや

反発力を後から強化することは

弾性体の性質にはないのです

​これがどんなに優れたベッドでも、

合わない人が存在する理由

​寝具のシステムの盲点です

しかし、個人に合わせて

部分的に反発力を強化すること

それは、ベッドの役割ではなく

枕や毛布と同じような

眠りの補正ツールが必要なのです

Rahk logo.png